スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

魔法の接客 5つの原則 

魔法の接客5つの原則―リピーターが続出する!魔法の接客5つの原則―リピーターが続出する!
(2008/08)
吉村 たかみ

商品詳細を見る


連れが読み終わったということで、
接客業をやっている訳でもないのに読んでみました。

言われてみれば、当たり前のことなのですが、
なかなかそれが実行できる人が少ないのが、現実なんですね。
ひとごとでもないですが・・・

「私が~で、誰々が~」という文面はちょくちょくあったのが気になります。
事実であり、自慢という訳では無いのでしょうが、
その業界を去っていった人達に対してどうこう書くのはどうなのかなぁと。

その部分を除けば、接客に関わらない自分でも
気をつけようと思う事がいろいろ書かれてました。


■接客の目的は、「売る」ことではなく、「お客さんを楽しませること」
 お世辞等でよいしょするのではなく、
 店に来て良かった、楽しい時間が過ごせた、と感じてもらうのが重要。

■ミスを素直に認めること。
 信頼関係が崩れ、更なるクレームに発展すること多し。

■お客さんは平等に。
 お得意様だから、一見さんだから、の対応は見透かされてしまう。

杉下右京に学ぶ「謎解きの発想術」 

ドラマ「相棒」はビジネスの教科書だ!杉下右京に学ぶ「謎解きの発想術」 ― もし、あなたがこの天才の頭脳をもっていたら? (プレジデントムック)ドラマ「相棒」はビジネスの教科書だ!杉下右京に学ぶ「謎解きの発想術」 ― もし、あなたがこの天才の頭脳をもっていたら? (プレジデントムック)
(2010/10/22)
勝見 明

商品詳細を見る


ドラマ「相棒」は結構好きで、録画しています。
録画しっぱなしの時が多々あるので、それを観たら映画版も観に行きたいとこです。

Amazonで他の本を探してて、たまたま見つけたこの本。
内容をよく見てなかったけど、面白そうだったのでポチってみたら、ムック本でした。
単行本かと思ってました ^-;

ページは少ないのですが、柔軟な物の考え方について書かれていて
なかなか面白いとは思います。

が、放送された事件の内容やら結末がバリバリと描かれてしまっているので、
まだドラマを観た事がない、もしくは観てる最中の方は観終わってから
本書を読むことをお勧めします。



同じものを見ても、見方が違う。
 ・あるべき場所にないもの、あるはずのない場所にあるもの。

強い目的意識
 ・はえ縄式情報術

謙虚さを持つ
 ・思い込みに縛られたり、全否定しない。
  仮説 → 反証の取り込み → 1つ上の仮説 ... これを循環させていく。

スイッチ!  「変われない」を変える方法 

スイッチ!スイッチ!
(2010/08/06)
チップ・ハース、ダン・ハース 他

商品詳細を見る


今年の目標として月に3冊、本を読むことを目標としてみました。

本の内容で気になった言葉や用語等を残していく予定です。

この本を知ったきっかけですが、
たまたま前に読んでいた本の最後の広告?に載っていた本が面白そうだったのです。
更に同じ著者の本がもう一冊あったので、そちらも購入しました。

ちなみにこちらがもう一冊の方で、まだ先の本を読んでいなかったりしますが・・・

「変化」の要素を以下の3要素に分けて内容が説明されているため、とても分かりやすいです。

 ・象使い(理性)
 ・象(感情)   にやる気を出させ、
 ・道筋      をつける。

 象使いと象は反発することが度々あり、それをいかにうまく制御するかが鍵となります。
 象を無理やり押さえつけても一時的、又は逆効果になりますから。

 この要素内のいずれに問題があるかを分析し、
 それをを解決していく方法・成功/失敗例がいろいろと書かれていますが、
 要素に応じて、アイデアをいろいろ考えていくのはなかなか楽しい事だと思います。

 ■象使いには ... 方向を教える
  1.ブライトスポット(成功例)を手本に。
   失敗例や問題点はすぐ見つかり、それをどう改善するか頭を悩ませるが、
   成功した少数例を分析し、それを真似てみる。

  2.大事な最初の一歩の台本を書く。

  3.目的地をはっきりさせる。

 ■象には ... やる気を与える
  1.感情を芽生えさせる。
    スタンプカードのキャンペーンの話。
    ゴールは同じでも、スタートが違うだけでやる気・達成度が大きく違う。

  2.変化を細かく。

  3.人を育てる

 ■道筋を ... 定める

  1.環境を変える。

  2.習慣づける。

  3.仲間を集める。
   適切な行動をしている人達が多数であれば、数字の公表は効果があるが、
   少数の場合は逆効果となる。

「調べ物」
 ・クロッキー(商品名としては「ナンダクロッキー」)
  MITの学生が考案した車輪が付いた転がる目覚まし時計。

  クロッキーでググって見たら、
  フランス語で対象を素早く(10分程度で)描画するという意味らしい。

 ・偽薬(プラセボ)
  プラセボ効果は個人差が大きく、効果が出るとは限らないので
  積極的な治療効果が期待できないとのこと。
  統計的に常に平均以上の効果が出るのであれば、薬はいらないですよね。

 ・インターン
  医学研修生、実習生のこと。
  インターンシップは学生が一定期間、企業内で研修生として働ける制度の事らしい。
  自分はインターンシップって聞いたことでないですねー。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。